カテゴリー
未分類

アイライナーおすすめ人気ランキング11選

アイライナーは猫目やタレ目など理想の目元をつくるためには欠かせないアイテムです。

アイラインの種類によってお顔の印象が大きく変わるなんてこともよくあります。

しかし、店頭には数多くのアイライナーが並んでいて、どれがいいのかわからないという女性も多いはずです。

そこで、今回はおすすめアイライナーをランキング形式でご紹介していきます。

選び方のコツやプチプラ商品も合わせてチェックしてくださいね。

アイライナーの選び方

まずは、アイライナーの選び方について解説していきます。

①好みの仕上がりによって種類を選ぶ

アイライナーの種類は主に3つあります。

・リキッドタイプ

・ペンシルタイプ

・ジェルタイプ

美人顔に仕上げたいのであればリキッドタイプ、ナチュラルな印象に仕上げたいのであればペンシルタイプ、ぱっちり目元に仕上げたいのであればジェルタイプが良いでしょう。

お仕事やデートなどシーン別に使い分ける方法もおすすめです。

②なりたい印象によってアイライナーの色を変えるのも◎

アイライナーといえば黒色がメジャーですが、なかにはブラウンやネイビーなど色付きの商品もあります。

優しい印象を与えたいのであればブラウンがおすすめです。

ネイビーのアイライナーはクールで知的な雰囲気を纏いたいときに使うと良いでしょう。

そのほか、ピンクやボルドーなどの色もあるので、カラーメイクを楽しみたい方はぜひ色付きアイライナーを使いこなしてくださいね。

③崩れにくく滲みにくいアイライナーを選ぶ

せっかく綺麗なラインが引けたとしても、すぐに滲んでしまったら残念ですよね。

目元はとくに目立つ箇所なので、崩れにくさは重要項目です。

汗をかきやすい時期やマリンレジャーの際は、ウォータープルーフのアイライナーを選びましょう。

④メイクオフがしやすいかどうかで選ぶ!お湯で落ちるアイライナーも人気

毎日のクレンジングにあまり時間をかけたくないという女性も多いはずです。

最近ではお湯で落ちるアイライナーも発売されています。

お仕事用で使用するアイライナーは、メイクオフのしやすさで選ぶのもおすすめです。

⑤ジャータイプかペンシルタイプかで選ぶ

ジェルタイプのアイライナーは、ペンシルタイプとジャータイプの商品にわかれます。

ジャータイプはジェルの入ったケースと付属のブラシがセットになっている商品で海外メーカーに多く見られます。

ジャータイプのメリットはアイラインとして塗る量を自分で調整できることです。

メイクに慣れていない方は、ペンシルタイプがおすすめです。

【最終結果】リキッドアイライナーのおすすめ人気ランキング4選

まずは、リキッドアイライナーのおすすめ商品を4つご紹介していきます。

「リキッドアイライナーは難しい」と思っている方も多いですが、最近では使いやすいリキッドアイライナーもたくさんあるのでご安心くださいね。

メイベリン ハイパーシャープライナーR 1,320円(税込)

カラー展開はなんと9色!理想の目元へと導くアイライナー

ハイパーシャープライナーRは、定番の黒色以外にネイビーやブラウン、バーガンディなど全9色のカラー展開がある商品です。

リキッドタイプですが使いやすく、仕上がりも良いアイテムなので初心者さんも安心して使うことができますよ。

仕上がりA落としやすさA
使いやすさA総合評価A
滲みにくさC

 舞妓はん リキッドアイライナー 1,320円(税込)

ひと塗りで発色良し!こすれに強く落ちにくい!

舞妓はんのリキッドアイライナーは、日本の墨をヒントにしてつくられた商品です。

そのため、シャドウの上に描いたラインも綺麗に発色します。

こすれに強く落ちにくい点も嬉しいポイントですよ。

仕上がりA+落としやすさD
使いやすさA総合評価A
滲みにくさA

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ リキッドアイライナー 1,320円(税込)

細いラインも自由自在!洗顔料でオフも簡単!

ジョ・リエ ジョ・リエのリキッドアイライナーは筆先が0.1mmと極細のため、まつ毛の間も簡単にラインを描くことができます。

ウォータープルーフ処方で汗や水にも強いながらも、洗顔料で簡単にオフできるので忙しい女性にもおすすめのアイテムです。

仕上がりA+落としやすさA+
使いやすさA+総合評価A+
滲みにくさC

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ 1,100円(税込)

滲みに強く描きやすい!目尻のハネも完ぺき

スムースリキッドアイライナースーパーキープは、ほどよいコシの筆先が特徴的なアイライナーです。

目尻のハネやインナーラインもするすると描けるので、アイメイクが苦手な方にもおすすめできますよ。

滲みにも強いので長時間メイク直しができない方にもぴったりです。

仕上がりA+落としやすさA
使いやすさA総合評価A+
滲みにくさA+

人気リキッドアイライナーの検証結果比較表

商品名仕上がり使いやすさ滲みにくさ落としやすさ総合評価
メイベリン ハイパーシャープライナーRAACAA
舞妓はんリキッドアイライナーA+AADA
アヴァンセ ジョリエ ジョリエ リキッドアイライナーA+A+CA+A+
ヒロインメイクスムースリキッドアイライナー スーパーキープA+AA+AA+

【最終結果】ペンシルアイライナーのおすすめ人気ランキングBEST4

ペンシルアイライナーは目元をナチュラルな印象に仕上げることができます。

この項目ではおすすめペンシルアイライナーをご紹介していきます。

クリニーク クリーム シェイパー フォー アイ 2,420円(税込)

ペンシルなのにクリーミーな描き心地!落としやすさもグッド!

クリームシェイパーフォーアイは、ラインがなめらかに描けると評判のペンシルアイライナーです。

ただし、筆先が太めなので細かい箇所が上手に描けないというデメリットがあります。

落としやすさが抜群なのは嬉しいメリットです。

仕上がりB落としやすさA+
使いやすさC総合評価B
滲みにくさB

ナチュラグラッセ アイライナーペンシル 3,080円(税込)

石鹸で簡単に落とせる!肌に優しいアイライナー

ナチュラルグラッセのアイライナーペンシルは、トウキンセイカ成分配合で目元を保湿してくれる肌に優しい商品です。

また、石鹸で簡単に落とせるのでクレンジングに時間をかけたくない方にもおすすめですよ。

仕上がりB落としやすさA+
使いやすさB総合評価B
滲みにくさC

リンメル エグザジェレート クリーミィ アイライナー WP 880円(税込)

美しいラインがするする描けるペンシルアイライナー

エグザジェレートクリーミィアイライナーWPは、なめらかな描き心地が特徴的なアイラインです。

まつ毛の間にもしっかりと密着してくれるので、ムラのないラインを描くことができます。

また、長時間高発色が続く点も好評のアイテムです。

仕上がりA+落としやすさA+
使いやすさA総合評価A+
滲みにくさA

ヴィセ クレヨン アイカラー 1,320円(税込)

アイカラーとしても使える優秀アイライナー!

クレヨンアイカラーは全6色発売されているアイカラー兼アイライナーです。

クレヨンのようにするすると描けるので、描きやすさ重視の方にもおすすめできます。

ピンクベージュやオレンジなど、華やかなカラーも揃っていますよ。

仕上がりA落としやすさA
使いやすさA総合評価A+
滲みにくさA+

人気ペンシルアイライナーの検証結果比較表

商品名仕上がり使いやすさ滲みにくさ落としやすさ総合評価
クリニーク クリーム シェイパー フォー アイBCBA+B
ナチュラグラッセ アイライナーペンシルBBCA+B
リンメル エグザジェレート クリーミィ アイライナー WPA+AAA+A+
ヴィセ クレヨン アイカラーAAA+AA+

【最終結果】ジェルアイライナーのおすすめ人気ランキング3選

くっきりとした目元に仕上げたい方は、ジェルタイプのアイライナーを選びましょう。

この項目では、おすすめのジェルアイライナーをご紹介していきます。

スーパークイック メルティジェルライナーEX 1,045円(税込)

とろけるような描き心地!2mmの芯で使いやすい!

メルティジェルライナーEXは、描き心地がクセになるアイライナーです。

芯が2mmなので目尻のハネあげも自由自在に描くことが可能です。

マカダミアナッツ油が配合されているので保湿力にも期待できますよ。

仕上がりA落としやすさC
使いやすさA総合評価B
滲みにくさB

D-UP スーパーフィット ジェルライナー 1,320円(税込)

やわらかなジェルで描きやすい!滲みにくさもポイント!

スーパーフィットジェルライナーは、目元を撫でるようなイメージでラインを描くことができます。

滲みにくく美しく仕上がりますが、オフしにくいというデメリットがあります。

高発色が長時間続くので外出時におすすめのアイテムです。

仕上がりA落としやすさD
使いやすさA+総合評価A
滲みにくさA+

インテグレート スナイプジェルライナー 1,045円(税込)

高発色が長時間続く!汗や水にも強いアイライナー

スナイプジェルライナーは、汗や水に強いウォータープルーフタイプです。

長時間崩れにくく、滲みにくいので使い勝手も抜群と言えるでしょう。

発色の良さの人気のポイントです。

仕上がりA+落としやすさB
使いやすさA+総合評価A+
滲みにくさA

人気ジェルアイライナーの検証結果比較表

商品名仕上がり使いやすさ滲みにくさ落としやすさ総合評価
スーパークイック メルティジェルライナーEXAABCB
D-UP スーパーフィット ジェルライナーAA+A+DA
インテグレート スナイプジェルライナーA+A+ABA+

アイライナーの使い方のコツ

アイライナーは使い方のコツを掴むことで、さらに美しいラインを描くことができます。

この項目ではアイライナーの使い方について解説していきます。

リキッドアイライナーを使うときは軸を固定させよう!

柔らかな筆先のリキッドアイライナーは、手ブレに影響されやすく上手くラインが描けないと困っている方も多くいらっしゃいます。

解決策としては、手や指の一部を頬に添えて軸を安定させるようにしましょう。

また、一度にすべて描こうとせずに少しずつ線を足していくようなイメージで描くと良いですよ。

ペンシルやジェルはまつ毛の間を点で埋めてデカ目効果を狙おう!

ペンシルやジェルタイプのアイライナーを使うときは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようなイメージで描くとデカ目効果をゲットすることができます。

軽くまぶたを持ち上げるようにして、1mm~2mmの点を繋げてラインにしていきましょう。

ナチュラルなイメージに仕上げたいのであれば、綿棒を使って軽くぼかす方法がおすすめです。

滲ませないために余分な皮脂をオフ&フェイスパウダーを重ねる!

アイライナーがすぐに滲んでしまう方は、ラインを描く前にまぶたの余分な皮脂をティッシュでオフするようにしましょう。

また、ラインを描いた後はフェイスパウダーを上から重ねて塗ると滲みにくくなります。

ひと手間を加えるだけでメイク崩れを防ぐことができるのでぜひ試してみてくださいね。

パンダ目にならないアイライナーの引き方

パンダ目にならないようにするためには、アイラインを太く描きすぎないことがポイントです。

ぱっちりとした目をつくるために、ついラインを太く描き過ぎる方もいらっしゃいますが、まつ毛の間やインラインを埋めるだけでも印象的な目元に仕上がるのでご安心ください。

また、アイラインコートを使うと滲みにくくなりパンダ目を防止することができます。

腫れぼったい奥二重の方におすすめの目を大きく見せるアイライナーの引き方

奥二重の方はラインを描いた箇所とまぶたが重なってしまい、アイメイクが滲みやすいという悩みがあるのではないでしょうか?

まぶたとラインが重なりそうな部分はインラインのみにすると崩れにくいデカ目に仕上がりますよ。

また、すぐ乾くタイプのアイライナーを使うのがおすすめです。

涙目でも大丈夫!水に強いウォータープルーフタイプもおすすめ

涙が出やすく目元が濡れやすい方は、水に強いウォータープルーフタイプを選びましょう。

最近ではプチプラのウォータープルーフアイライナーもたくさんあるので、ひとつ持っておくと便利ですよ。

また、水だけでなく汗にも強いので夏場にもぴったりです。

迷ったらプチプラで決まり!おすすめのプチプラアイライナー3選

どのアイライナーにしようか決めきれないときはプチプラアイテムで試してみましょう。

この項目ではジェルタイプ、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、それぞれのジャンルでおすすめのプチプラアイライナーをご紹介していきます。

エテュセ クリームアイライナー 1,210円(税込)

するする描けるプチプラペンシルライナー!

エテュセのクリームアイライナーは、ウォータープルーフタイプなので汗や水に強いのが特徴です。

繰り出しタイプなので削る必要がありません。

お値段も1,500円以下とお財布に優しいのでひとつ持っておいて損はないはずですよ。

仕上がりA落としやすさB
使いやすさA+総合評価A
滲みにくさB

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー 1,045円(税込)

滲みにくく落としやすい!リキッドタイプのアイライナー

スーパーキープリキッドライナーはプチプラなのに使いやすさ抜群のアイテムです。

長時間滲みにくいだけでなく、クレンジングや洗顔料で簡単に落とせるので日常使いにもぴったりですよ。

仕上がりB落としやすさA+
使いやすさA総合評価A+
滲みにくさA+

ファシオ パワフルステイ ジェルライナー 1,320円(税込)

高発色が夜まで続く!なめらかに描けるジェルライナー

パワフルステイジェルライナーは、芯がやわらかくて描きやすいと評判のアイテムです。

美しい発色が朝から夜まで続きます。

こすっても滲みにくく、崩れにくいのも嬉しいポイントですよ。

仕上がりA落としやすさD
使いやすさA総合評価A
滲みにくさA+

まとめ

アイライナーの種類にや描き方によって目元の印象は大きく変わります。

なりたい顔のイメージに近づくためにも、もっとアイラインを意識してみませんか?

アイラインを上手く描くポイントをおさらいしていきましょう。

・仕上がりイメージによってアイライナーの種類を変える

・リキッドアイライナーは軸を固定して描くのがポイント

・アイラインを描く前は皮脂をオフ

・奥二重の方はインラインでデカ目をつくろう

・涙目になりやすい人はウォータープルーフを選ぶ

こだわりのアイライナーがないという方は、この機会に相性の良いアイテムを見つけてみてくださいね。

まずは、プチプラアイライナーを使って実際に試してみるのもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です